Translate:
Shared Document Area
2014年12月21日
  Go to BIP National Web Site  

基本情報

CBD 分野: 伝統的知識、発明、慣行の推移

CBD 見出し指標:
言語学的多様性と固有の言語を話す人の数の状況と推移

キー指標パートナー:

利用可能データ: 地域/国内時系列

開発状況: 方法論精査中

理由

言語と生物多様性関連の伝統的知識には基本的な関連性があります。ローカルおよび先住民族コミュニティは、ローカルの植物相、動物相、エコロジカル関係、生態系のダイナミクスの十分な理解を反映し、自然世界の複雑な分類システムを入念につくりあげています。世界の言語の 1/3 以上が今世紀末までに消滅する危機にあり、これらの言語が消滅すると、生物多様性に関する知識が損失し、回復できなくなる可能性があります。したがって、固有の言語を話す人の数の状況および推移に関する情報を、伝統的知識、発明、慣行の状況推移を測定するプロキシとして使用することができます。

状況

UNESCO は 2006 年に、この指標の大規模なデータ収集と照合作業を開始しました。2010 年現在、データセットには 115 の国と地域のほぼ 3,000 の言語に関する 5000 を超えるエントリが含まれています。データは 64 のソースから抽出され、地球のかなりの領域がカバーされています。ただし、多くのアジアおよびアフリカ諸国など、まだ調査がされていない地域もあります。より多くのデータを収集するための努力が継続され、既存の情報源リストは決して完全なものではありません。

可能な限り、言語調査や人口調査など国内で作成された情報源を使用して固有の言語に関するデータが抽出され、「言語の持続力調査申込」というタイトルの UNESCO のデータベースに保存され、整理されました。データベースには、固有の言語を話す人、民族グループ、各国に関する主な 3 つのタイプの個体数データがあります。

下の表は、固有の言語を話す人の数に関して利用可能な時系列および情報源タイプに関する既存データを示したものです。
 

1 すべての情報源が混在する少なくとも 1 つのデータポイントがある国または地域 115
2 すべての情報源が混在する 2 つ以上のデータポイントがある国または地域 60
3 少なくとも 1 つの正式な情報源ベースのデータポイントがある国または地域 (通常、人口調査または言語調査) 55
4 調査の 2 つ以上のデータポイントがある国または地域 16
5 調査の 3 つ以上のデータポイントがある国または地域 11
 
 
 

 

スケール

固有の言語を話す人の数に関するデータ収集の複雑さと、さまざまな国で使用されている方法論が同じでないことを考えると、最初は指標は国内レベルにのみ適用可能となります。ただし、長期的に考えると、UNESCO が現在開発中の言語データ収集に関するガイドラインが構築されると、この件に関する地球規模での指標の作成が可能になります。

指標

 

言語の持続力および危機状況
出典: ユネスコの絶滅危機言語地図、2010

指標の解釈方法:

現地語は生物多様性および環境、天然資源の持続可能な管理に関する伝統的知識の目的達成手段です。絶滅言語数の増加は、生物多様性関連知識の損失を回復することができず、その保全と保護にマイナスの影響があることを示します。絶滅危惧言語 (絶滅危惧 II 類、絶滅危惧 IB 類、絶滅危惧 IA 類、) 数の増加は、言語に対するプレッシャーが増大しており、絶滅につながる可能性があることを示します。絶滅危惧言語数の減少は、言語が保護されており生物多様性に関する知識が保護されることを示します。

現在の筋書き

「データの事前分析では、話す人の数が 10,000 人未満 (現在の 6,900 言語の 51%) の言語は過去 40 年間に話す人がいなくなり、その多くは今世紀中に消滅する危険があることが提言されています。生物多様性が豊かな領域で生活している少数先住民族グループの言語は、そのダイナミクスが英語、標準中国語、ヒンディー語、スペイン語、フランス語など、主要または支配的な言語と類似性を示す多数先住民族の言語と比較した場合、経時的に話す人がいなくなる可能性があります。

民族グループのさまざまなレベルでの個体数推移、全体的な個体数の推移、移動フロー、言語政策、さらには政府と固有の言語を話す人の両方の考え方の変化を説明するには、収集したデータをさらに分析する必要があります。
 

国内使用

方法論を見直し中であるため、指標の国内使用はまだ開始されていません。
この指標の国内レベルでの使用可能性の詳細については、UNESCO の Anahit Minasyan (A.Minasyan@unesco.org)までお問合わせください。

今後の開発

地球規模スケールでの一貫性のある同一言語のデータ収集方法を今後開発することにより、言語データを国際的に比較でき、地球規模スケールでの固有の言語を話す人の数に関する指標を作成するタスクが促進されます。

UNESCO は、国際的および国内レベルで言語持続力指数を入念に作成、テスト、促進することを目的に、今後もデータ収集と分析を継続します。固有の言語に関する使用可能な地球規模の時系列データセットを作成するには、世界中で言語データの収集方法の統一を提言することが重要です。
 

その他の便利なリンク


Photo credits:
Men singing ©seagers; Lady with nose ornament ©Meena Kadri; Vietnamese school room ©World bank

Privacy Statement  |  Terms Of Use|  FAQ|  Contact US
Copyright 2008-2011 UNEP-WCMC   Website:  |  Register  | Login